「働く女性」のステージアップを応援! 東京の外見ブランディングサロン ラ・ルーチェ

Webで予約するReservation

Blogブログ

できる女になるためには、あなた自身を鮮明に伝える外見を装うこと

2017年1月19日 できる女になるためのコツ

”できる女”に見られたい

 

そんな願望はありませんか?

 

 

 

”できる女”に見られるためには

ファッション戦略が欠かせません。

 

 

 

ファッション戦略とは・・・

 

中身をより鮮明に伝える「外見」を整えること。

 

 

装いは、あなたのパッケージやラベルです。

 

中身とパッケージのイメージが違っていたら

信用は得られません。

 

 

 

例えば・・・

お茶のパッケージ

 

 

緑茶と言えば・・・

緑のパッケージを無意識に想像しませんか?

 

082604

 

 

そして、

濃い味・・・となると

当然 濃い緑。

ほうじ茶は 茶色。

 

 

 

これが

一瞬で中身を伝え

見る人に理解を促し

手に取らせる戦略です。

 

 

パッケージは

瞬時に中身を伝える視覚情報なんです。

もし、緑茶が

oku-suiso36n-500p-2

 

 

こんなピンクのペットボトルだと

違和感ですよね。

 

 

見る方にとって

混乱を生じさせてしまいます。

 

 

 

逆にピンクのラベルを使用することによって、

女性に特化した内容の商品であると

アピールするならこれもありですね。

 

女性ホルモンにいいとか、

女子力あげるお茶?とか・・・

 

 

つまり、

あなたが何者であるか

どのような性質であるかを

一瞬で伝えられる服装を

しなければ、

 

興味を持ってもらえず

ビジネスチャンスを逃したり、

 

または

 

低く評価されてしまったりします。

 

 

 

 

講演会などで

メインスピーカーを務められる際、

 

 

法律系などの内容で

知性があり、

信頼できるイメージをうったえたかったら

青系の服装がベストです。

 

 

またその講演で、

メインではなくゲストスピーカーである場合は、

メインスピーカーを引き立たせる薄いカラーを選びます。

 

 

青系に対しては、

落ち着きがある ベージュ

慎重さを醸し出す グレー

 

 

 

”できる女”になるためには、

ただ好きな服を着る

というわけではありません。
自分へのブランディング

周りへの配慮

 

 

これらすべてが計算できるように

ならなければなりません

 

 

『服装はとっても雄弁にあなたを語りますよ。』

お電話でのご予約・お問い合わせは…

090-1902-6794

留守電の際はメッセージ頂けましたら
折り返しご連絡いたします

営業時間10:00〜17:00

今すぐWEBで予約するReservation