「働く女性」のステージアップを応援! 東京の外見ブランディングサロン ラ・ルーチェ

Webで予約するReservation

Blogブログ

オーダーサロンで感じた相手を想う気持ちの大切さ

2020年10月13日 できる女になるためのコツ

〜装いを変え、意識を変え、未来を変えていく〜

本来の魅力を引き出し、外見と調和させる、
マイブランディングスタイル提案
La-Luce 内山由依子です。

 

先日 オーダーサロンへお客様の同行をしてきました。

お客様の想いを込めた一着を作るために。

 

オーダーサロンのいいところは、

色、デザイン、サイズの制限なしに

自由に作れるところ!

 

逆に言うと、

ある程度の選ぶ基準や目的がはっきりしていないと、

全く決めることは出来ません。

「素敵なワンピース1着作りたいです。」・・・

これでは、

膨大なサンプル型、色見本を前にして呆然としてしまうだけ。

 

今回のお客様の目的は

クラシック音楽演奏会のためのワンピースを一着。

 

オーダーサロンでのたくさんのサンプルを前に、

「この雰囲気好き」

「このデザイン取り入れてみたい」

「この生地、使ったら素敵かなぁ」

と、お客様もワクワク。

 

ですが、

まず考えなければいけないことは、

TPOですよね。

 

場所:クラシック音楽演奏会

立場:ソロでの演奏

ピアノ演奏の師匠のための譜めくり

2つの立場での出番。

 

ソロでの演奏では華やかに目立つ方がいい

譜めくりの場合は、主役は師匠。

黒子に徹しなければならない。

でも着替える余裕はない・・・

 

2つの相反する立場での衣装決めはなかなか難しく、

お客様によっては、メインの立場を優先し、

華やかな衣装に決めてしまわれることも多いのですが、

今回のA様は、

「 やはり師匠の演奏の際に目立つわけにはいきません。」

と、相手の立場を考えられてのお言葉。

 

このように自分の好みや自分だけのことを考える方と、

周りや相手の方のことを考えられる方というのは、

周りへ与える印象が全く異なります。

 

やはり A様のお人柄はとても素敵で、

常に周りには人が絶えなくいらっしゃいます^^

 

私も会うたびに心地よく感じ、A様のファンの一人です^^

 

A様のご要望に沿って、

譜めくりで見える上半身はシックなネイビーに、

演奏の際には華やかさをまとっていただきたく、

スカート部は上品な柄の入った生地の組み合わせで

ワンピースをオーダーしました。

 

 柄は、A様の「大人 x 柔らかなお顔立ち」に合わせて

大柄の曲線系に。

柄には少しラメ糸が織り込んであるので、

光が当たると華やかな印象になります。

 

全体的には、

A様の控えめな品の良さに合わせて

シックな仕上がりにしました。

 

オーダーの服には、着る方の想いや人柄がはっきりと出ます。

その想いをビジュアル化するお手伝いができることは、

本当に幸せなこと。

 

さらに今回は、

A様の相手を思いやる心に触れ、

とてもジーンときた素敵な時間でした。

 

服は自分の好みだけで選ぶのではなく、

「相手がいかに心地よく感じるか」

この視点で考えると、

ビジネスでもどんどん成功していきますよ。

 

あなたも想いをビジュアル化しませんか?

お電話でのご予約・お問い合わせは…

090-1902-6794

留守電の際はメッセージ頂けましたら
折り返しご連絡いたします

営業時間10:00〜17:00

今すぐWEBで予約するReservation