「働く女性」のステージアップを応援! 東京の外見ブランディングサロン ラ・ルーチェ

Webで予約するReservation

Blogブログ

印象よく見せるための大切な2つのこと

2020年10月05日 なりたい自分へ

〜装いを変え、意識を変え、未来を変えていく〜

本来の魅力を引き出し、外見と調和させる、
マイブランディングスタイル提案
La-Luce 内山由依子です。

 

 服が大好きで、

素敵に着こなしたい!

 

 

ファッション誌を参考にしているという人は

多いのではないでしょうか?

 

 

素敵なデザイン、きれいな色のアイテム・・・

どれも素敵で、欲しい~~~と刺激されますよね。

 

 

でも、雑誌と同じ服を買ってみたものの、

いざ自分が着てみるとなんだか思っていたのとは違ってガッカリ・・・

 

そんな経験はありませんか?

 

可愛い顔立ち、

クールな顔立ち・・・

 

モデルさんにも色々な個性がありますよね

 

そう、同じ服でも着る人が違うと、

残念ながら全く別物になってしまうことがあるのです。

 

 

素敵に装いたい!と思うとき、

どうしてもアイテムばかりに目がいってしまいがちですが、

印象よく素敵に着こなす上で、

服のデザインよりも大切なことが2つあります。

 

 

1、印象の良さは色合わせ

 

全体の色味をそろえたり、

パキッとした白を多用することで

ぼんやりした印象を回避したり・・・

 

外見の印象を考えるうえで大切な色合わせ。

色の印象は、服の印象の中で8割を占めるとも

言われます。

 

 

トップスとボトムス、それぞれは素敵な色なのに、

上下合わせてみると・・・なんだかちぐはぐ・・・

 

 

特に、グレーがかった色、

いわゆるアースカラーといったカラーは、

色合わせが難しいもの。

 

濁りのあるカラーはお顔映りが暗く見えたり、

老けて見えることにも。

 

ベージュやカーキといったくすみ系の色合わせをするときは、

小物に華やかなアクセントを投入するとgood!

メリハリが出ます。

 

 

トータルコーデの色合わせは、

やみくもに合わせるのではなく、

ブルーベース、イエローベースのカラーでまとめるか、

靴やバッグといった小物でアクセントを入れるか、

とにかく、

トータルでの色合わせを意識することが大切です。

 

 

2、ヘアスタイルやメイクも同じイメージで

 

今日はクールに、今日はエレガントに、今日はカジュアルに・・・

会う相手や、その日の予定によって雰囲気の違う服を

お召しになることは多々あると思います。

 

 

そんな時、

服のイメージは変えても、

メイクやへスタイルがいつもと同じにはなっていませんか?

 

それでは、

印象がちぐはぐになって、けっして素敵な印象とは言えません。

 

たとえば、

長い髪はまとめると辛口な印象に 、

おろしてヘアアイロンで巻くとフェミニンに。

 

髪型の印象は、

お顔の印象の8割を占めるといわれています。

 

どんなに素敵な服を着ていても、

ヘアスタイルが服のイメージと合っていなければ逆効果。

違和感を覚えてしまいます。

 

 

服の印象を変えるのならば、

イメージに合わせたヘアスタイル、メイクを心がけたいものです。

 

 

【素敵な印象】というのは、

全身のトータルコーデが大切です。

 

全身とは、服だけでなく、

頭から足元までイメージのこと。

 

髪型、メイク、服、靴、バッグ、色の印象

全体のイメージを『目指す印象』で着こなすことで、

初めて【素敵な印象】が出来上がります。

 

常にトータルイメージを大切にしながら、

服選びを楽しんでくださいね。

お電話でのご予約・お問い合わせは…

090-1902-6794

留守電の際はメッセージ頂けましたら
折り返しご連絡いたします

営業時間10:00〜17:00

今すぐWEBで予約するReservation