「働く女性」のステージアップを応援! 東京の外見ブランディングサロン ラ・ルーチェ

Webで予約するReservation

Blogブログ

脚のコンプレックスを解消してくれる靴の選び方

2020年5月27日 なりたい自分へ

〜装いを変え、意識を変え、未来を変えていく〜
働く女性専門 イメージコンサルティング
La-Luce 内山由依子です。

 

 

コロナ自粛により、サロンは休業。

その間、子供と過ごすことが多かったため、

ほとんどぺたんこ靴を履いておりました。

 

でも、スニーカーのような

ド・カジュアルがあまり似合わないタイプなので、

カジュアルと言っても、

履いているのはパイソン柄のフラットシューズ。

これだと、綺麗めなので、

着る服もあまり普段と変えなくてすみます。

でも、楽ちん^^  

 

 

 

さて、 ようやく自粛解除。

お仕事で外に出ていかれる方も増えますよね。 

私もいよいよ6月からサロンを再開。

 

サロンに通うため、ヒール靴も再開!

私はふくらはぎに筋肉がしっかりとついているので、

少しでも脚が細く見えるようなヒールの形を選んでおります。 

 

ヒールの形にもさまざまありますよね。

そこで、

脚の形によっておすすめのヒールをご紹介したいと思います。

靴の選び方によっては、コンプレックスを解消できますよ。

 

 

 

ふくらはぎが太いのがコンプレックスの方は、
ヒールの太い、セットバックヒールがおすすめ。

 

セットバックヒールとは・・・

かかとからヒールが垂直に伸びるカタチ。
縦長ラインを強調し、脚をスラリと見せてくれるんですよ。

 

 

【O脚がコンプレックス!】

湾曲しにくい太い幅のヒールがベスト

 

 

 

O脚は、後姿の方が目立ちますよね。
細いヒールで脚を長く見せようとすると、
かえって脚の隙間が目だったり、
安定感が悪いので靴が傾きやすく、
余計にO脚を助長させてしまいます。

 


次に
【筋肉質な脚がコンプレックス!】
 ヴィヴィッドな色で脚から足
元へ目線をそらします。

 

  肌色に近いベージュの靴だとそちらには
目線が行かず、露出した脚が協調されてしまいます。 

 

 

【足首のくびれがないのがコンプレックス!】

足首ストラップが、キュッと締まったくびれを作る効果あり。

 

 

  

一直線の脚は魅力に欠けてしまいます。
ボトムスにもキレイ色をもってきて、
ストラップで足首を引き締めることにより、
メリハリのある細脚が実現します。 

 

【太くて短い脚がコンプレックス!】 

少し高めのセットバックヒールがおすすめ。

 

スラリと見せるには、縦長ラインを強調。
セットバックヒールは横から見ても
美しいIラインなので、実際の高さ以上に
ヒールが高く、スマートに見せてくれますよ。 

ヒールが低いと、膝下の短さが目立ってしまいます。

 

 

 

いかかでしょう? 

 

コンプレックスを解消し、

ファッションを楽しみ方が増えますよ~~に^^

 

 

お電話でのご予約・お問い合わせは…

090-1902-6794

留守電の際はメッセージ頂けましたら
折り返しご連絡いたします

営業時間10:00〜17:00

今すぐWEBで予約するReservation