「働く女性」のステージアップを応援! 東京の外見ブランディングサロン ラ・ルーチェ

Webで予約するReservation

Blogブログ

面接で好印象を与える! 転職活動で失敗しないスーツ選びのポイント

2019年7月03日 できる女になるためのコツ

〜装いを変え、意識を変え、未来を変えていく〜
働く女性専門 イメージコンサルティング
La-Luce 内山由依子です。

 

私のサロンには転職活動に向けて

レッスンを受けにくださる方が

たくさんいらっしゃいます。

 

 

とりあえずリクルートスーツ! な新卒時とは違い、

何を着るべきか迷ってしまうのが

アラサー世代の転職活動用のファッションですね。

スーツを着ない職場ならその雰囲気に

合わせてカジュアルでいいの?

やっぱりかっちりとしたスーツの方が

いいのかしら?

ワンピースにジャケットってあり?

スーツと言ってもたくさんのスタイルがあるし・・・

もう、選択肢が多すぎてどうすればいいかわからない!

そんな悩みを抱えている女性が

たくさんいらしてくださいます。。

まず第一に考えて頂きたいのは、

『この人となら一緒に働きたい!』

と思われるようなファッションを選ぶこと。

ポイントをいくつか挙げてみますね。

1.「自分に合ったサイズのジャケット」

まず、どんな職種でもジャケット着用は基本です。

黒や紺、ベージュといった落ち着いた色の

ジャケットであれば問題ありません。

とはいえ、リクルートスーツはNGです!!

面接官に

「この人は『初対面でどう思われたいか』

ということを何も考えてないのだな」

「自分のことをあまり分かってないのかな」

と思われてしまいますよ。

そして、

価格やブランドよりも、

「自分に合ったサイズ」で選ぶことが大切なんです。

まず外見において印象を左右する大きな要素は・・・

清潔感

サイズが合っていないと、首まわりに線が出たり、

二の腕のあたりに変な横シワが入ったり・・・。

そういうスーツを着ていると、

パッと見でなんだかだらしない印象を持たれてしまいます。

スーツもシャツも一度はお店で採寸してもらい、

自分に合ったサイズについてプロのアドバイスをもらい、

オーダーで作るか、きっちりと試着して買う方がよいでしょう。

私も必ず試着し、そして体にぴったりとフィットするように

お直しを入れます。

身体にフィットすると、気分も上がるんですよね^^

逆に、面接官に自分を印象づけようとしてなのか、

あえてパステルカラーなどの派手な印象のスーツを

選ぶのはNGです。

年相応の落ち着いた印象を与えることを意識してください。

2. パンツかスカートかは体型と職種で選ぶ

「ジャケットに合わせるのはパンツかスカートか」

という点で迷う女性も多いですが、

「第一印象が合否を左右する」という観点でいえば、

こちらもまずは「自分に似合うもの」を選びましょう。

スーツであれば、パンツでも失礼ではありません。

タイトスカートスーツの方がほとんどですが、

細身の方がパンツスーツを選ぶと

シャープですっきりした印象になるので

これもとっても好印象です

「仕事できそうだなっ」と思わせることが出来ます。

新卒時とは違い、

いかに自分を理解してもらうかということに加え

いかに自分を理解しているか」ということが

重要になってくるのが転職。

あなたが目指すイメージ 

あなたのお顔に合う印象

体型をスッキリと見せる型

自分と向き合って

自分にあったスーツ選びを

することが大切ですよ!

 

 

自分の印象・なりたいイメージ・

ステージアップする外見づくり、

トータルで知りたい方はこちらからぜひドキドキ

お電話でのご予約・お問い合わせは…

090-1902-6794

留守電の際はメッセージ頂けましたら
折り返しご連絡いたします

営業時間10:00〜17:00

今すぐWEBで予約するReservation